オナホ選びのコツ、6か条

オナニーをした事がない大人の男性は居ないと言っても過言ではありません。
しかし長い間オナニーやセックスをしないと、体が「ココは使わないんだ」と認識して退化し、使いたい時に役に立ちません。
これを廃用性衰退と言います。

 

オナホ選びのコツ、6か条

 

学生の時、この話を聞いて怖くなり、テスト期間中なのに1日何回もオナニーして赤点を取りました。
この様にやり過ぎはダメですが、週に1度はオナニーかセックスをした方が下半身に良いです。
ちなみにやり過ぎると副腎ホルモンが消耗され、仕事や勉強などに対する気力がなくなります。

 

普通の男性は利き手を使い、上下に摩擦してオナニーするでしょう。
人肌に温めたコンニャクに切れ目を入れ、そこにペニスを入れて摩擦するやり方もメジャーです。
変わり種としては、カップヌードルをコップに入れて冷ました物や、イカの耳の内臓を取って空洞になった所に入れる方法もあります。
オナニーに関して男性は努力を怠りません。

 

ある山寺の仏僧が開発した方法があります。
机の上などの高い所でオナニーし、イク時に「涅槃じゃー」と叫んで飛び降りると頭が真っ白になるそうです。
もし自分が死んでも、こんなお坊さんにお経をあげてもらいたくないですね…。

 

この様に様々なやり方がありますが、今回は大人のおもちゃを使う方法をご紹介します。
昔は刀の鞘を改造して使ったという話を聞いた事がありますが、現代の大人のおもちゃは肉質のシリコンの様なソフトな素材で出来ています。

 

ホールの内部にヒダヒダが付いていて、ローションをたっぷり塗って挿入し、手でホールを前後させるのが一般的です。
中には亀頭にローターが付いていて、微妙な振動をするタイプもあります。
高級品だと内部がくねってグラインドしたり、回転したりします。

 

セックスの臨場感は当然本番には劣るものの、オナホールは出来が良いので中の具合は膣より気持ち良いです。